本文へ移動

売主の瑕疵担保責任

不動産を売却しようとした場合、その物件に通常では発見できないような瑕疵(欠陥のこと)があった場合は、売主は買主に対して負わなければならない担保責任のことです。
例えば、ある土地を保有する売主が、住宅を建築する目的の一般の買主に売却したとします。買主の建築が始まって基礎工事に入った時に、地中からゴミやガラがたくさん出てきて工事に支障がでてしまった、取り除くために想定外の費用がかかってしまった、なんて場合はその不動産に瑕疵があったといえます。そのようなときは、売主は買主に対して責任をもって対応しなければなりません。買主保護のための制度といえます。
では、土地を買ってから10年後に瑕疵を発見したとしても、売主は瑕疵担保責任を負わなければならないのでしょうか?
実は民法では、買主が瑕疵の事実を知った時から1年以内に請求しなければならないと決められています。期限が無いと売主はいつまでたっても安心できないですからね。
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 当社定休日
栄光商事株式会社
〒244-0003
神奈川県横浜市
戸塚区戸塚町167番地

TEL.045-871-2361
FAX.045-861-2603
 
1.不動産売買仲介
2.不動産賃貸仲介
3.新築分譲住宅
 ・宅地分譲の企画販売
4.賃貸管理
5.不動産に関する
 コンサルティング業務
6.税務・相続相談

 
TOPへ戻る