本文へ移動

営業保証金

不動産の世界では取引される金額が高額になることが多いです。もしも宅地建物取引業者と取引をして、相手が損害を被ってしまったら大変です。
そんなときは宅地建物取引業者自信でその賠償をしなければなりませんが、金額が高額である場合、賠償できないとお客様は困ってしまいますね。
そのため、宅地建物取引業者には万が一の担保として、営業を開始する前に供託所に金銭を先に預けるといったルールがあります。
その供託金のことを営業保証金といいます。
営業保証金の額は、主たる事務所につき1,000万円、その他の事務所につき事務所ごとに500万円となります。
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 当社定休日
栄光商事株式会社
〒244-0003
神奈川県横浜市
戸塚区戸塚町167番地

TEL.045-871-2361
FAX.045-861-2603
 
1.不動産売買仲介
2.不動産賃貸仲介
3.新築分譲住宅
 ・宅地分譲の企画販売
4.賃貸管理
5.不動産に関する
 コンサルティング業務
6.税務・相続相談

 
TOPへ戻る